切手買取業者徹底比較ランキング

【赤十字条約成立75年記念】切手の買取価格や価値を詳しくご紹介します

【記念切手買取】赤十字条約成立75年記念切手の買取価格と価値と概要
【記念切手買取】赤十字条約成立75年記念切手の買取価格と価値と概要

赤十字条約成立75年記念切手の買取価格と詳細

このページでは、全ての額面の「赤十字条約成立75年記念切手」について買取相場や詳細を画像付きでまとめて一覧で紹介しています。

また、赤十字条約成立75年記念切手買取におけるおすすめの切手買取業者も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

赤十字条約成立75年記念切手(20銭)の買取価格と概要

赤十字条約成立75年記念切手(20銭)
発行枚数
29万枚
切手買取相場
700円~900円
初日カバー買取相場
~6000円

赤十字条約成立75年記念切手の20銭切手は、佐野常民の肖像画が青色で印刷された記念切手です。発行枚数は29万枚とそこまで多くないため、希少価値もやや高い切手です。

切手買取での赤十字条約成立75年記念切手20銭の買取価格は、1枚で700円前後の買取価格が期待できます。

赤十字条約成立75年記念切手(10銭)の買取価格と概要

赤十字条約成立75年記念切手(10銭)
発行枚数
29万枚
切手買取相場
700円~900円
初日カバー買取相場
~6000円

赤十字条約成立75年記念切手の10銭切手は、地球と赤十字の図柄が赤色で描かれていて、左に「10」右に「十餞」と額面が記載されています。

赤十字条約成立75年記念切手の価値はこちらも高く、切手買取では1枚で700円前後の買取価格も期待できます。

赤十字条約成立75年記念切手(4銭)の買取価格と概要

赤十字条約成立75年記念切手(4銭)
発行枚数
224万枚
切手買取相場
120円~180円
初日カバー買取相場
~6000円

赤十字条約成立75年記念切手の4銭切手は、図柄は20銭切手と同じく佐野常民の肖像画が採用されていますが、緑色で刷られているのが特徴です。

4銭切手は発行枚数がやや多いため価値はそこまで高くないのですが、切手買取だと1枚で120円前後の買取価格も期待できます。

赤十字条約成立75年記念切手(2銭)の買取価格と概要

赤十字条約成立75年記念切手(2銭)
発行枚数
222万枚
切手買取相場
100円~150円
初日カバー買取相場
~6000円

赤十字条約成立75年記念切手の2銭切手は、10銭切手と同じ図柄が茶色で印刷されています。

赤十字条約成立75年記念切手の2銭切手は、切手としての希少価値はそれほど高騰していませんが、切手買取だと1枚100円前後の買取価格も期待できます。

赤十字条約成立75年記念切手について

赤十字条約成立75年記念切手について

赤十字条約成立75年記念切手とは、国際赤十字社の発足から75年を記念して発行された記念切手です。

赤十字条約成立75年記念切手の発行日は、1939年(昭和14年)11月15日で、額面は2銭、4銭、10銭、20銭の4種類が発行されています。

図柄には2種類が存在し、2銭と10銭は「地球と赤十字」、4銭と20銭は「佐野常民の肖像」が描かれており、図柄は同じではありますが、それぞれの刷色が異なるデザインとなっています。

赤十字条約成立75年記念切手に肖像画が採用されている「佐野常民」氏は、日本赤十字社の創立者であり、「日本のアンリデュナン」と呼ばれている人物です。

佐野常民氏は、若かりし頃は造船や航海に励み、日本の歴史を開いた人物としても知られていました。ですが、1877年に起こった西南戦争(西南の役)で戦闘の惨状に日々悲嘆し、戦場となる熊本へと出向きます。

そして、敵味方関係なく負傷者の救護にあたる「博愛社」を創設し、これが赤十字事業の前身となったのです。

赤十字条約成立75年記念切手の価値は、2銭と4銭切手はそれぞれ200円程ですが、10銭・20銭切手となると2000円程にまで価値が跳ね上がります。

10銭と20銭切手は、高額な切手ですので予め発行数が少なく抑えられており、伴って希少価値も高いものとなっています。

ただ、ここで留意していただきたいのが、切手の”価値”とは、買取・販売を考えない場合の値であって、赤十字条約成立75年記念切手の買取価格とは異なるという点です。

赤十字条約成立75年記念切手の買取価格は、2銭切手が100円前後の買取価格が、4銭切手だと120円前後の買取価格が期待でき、10銭切手・20銭切手だと希少価値が高く、1枚で700円前後の買取価格も期待できるようになります。

希少なプレミア切手ですので、湿気を寄せ付けないよう綺麗な状態で保管されるか、状態の温存に自信のない方は早めに切手買取で現金化しておくのも得策です。

また、切手の発行初日の消印が押された郵便物を「FDC(初日カバー)」といい、切手の収集品として価値がある場合があります。 そのため切手買取業者によっては、この「FDC(初日カバー)」も買取を受け付けている場合があります。

赤十字条約成立75年記念切手の発行日は、1939年(昭和14年)11月15日ですが、この日の消印が押された赤十字条約成立75年記念切手の郵便物だと、最大で6000円前後の価値がある場合があります。

ですが、切手のFDC(初日カバー)の価値は、郵便の宛先や状態、一緒に貼られている切手の有無などによっても異なりますので、もし価値が知りたい場合は、一度切手買取業者の問い合わせフォームに写真を添付し、価値を質問されてみることをおすすめします。

また、赤十字社を題材とした切手は、今回ご紹介の赤十字条約成立75年記念切手の他にも、1934年発行の第15回赤十字国際会議記念切手など数多くが存在します。また、外国切手でも赤十字社を題材とした切手が発行されています。

お持ちの赤十字の切手が今回ご紹介の切手に該当しなく、かつ切手としての価値を知りたい場合も、切手買取業者の写真査定が簡単便利です。

【おすすめ】切手買取業者の評判はこちら

  • 買取福ちゃん

    【買取福ちゃん】切手買取データ早見表
    • 切手の買取価格
    • スタッフの対応
    • 対応のスピード
    • 業者としての信頼性
    • 口コミ・評判
  • バイセル

    【バイセル】切手買取データ早見表
    • 切手の買取価格
    • スタッフの対応
    • 対応のスピード
    • 業者としての信頼性
    • 口コミ・評判
ページ上部へスクロール