切手買取業者徹底比較ランキング

【日清戦争勝利記念】切手の買取価格や価値を詳しくご紹介します

【記念切手買取】日清戦争勝利記念切手の買取価格と価値と概要
【記念切手買取】日清戦争勝利記念切手の買取価格と価値と概要

日清戦争勝利記念切手の買取価格と詳細

このページでは、全ての額面の「日清戦争勝利記念切手」について買取相場や詳細を画像付きでまとめて一覧で紹介しています。

また、日清戦争勝利記念切手買取におけるおすすめの切手買取業者も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

日清戦争勝利記念切手「有栖川宮2銭」の買取価格と概要

日清戦争勝利記念切手「有栖川宮2銭」
発行枚数
1000万枚
切手買取相場
2000円~3000円
初日カバー買取相場
~8万円

日清戦争勝利記念切手は4種類が発行されており、こちらは「有栖川宮2銭」切手です。

日清戦争勝利記念切手・有栖川宮2銭の図柄は、日清戦争において目ざましい活躍を見せた”有栖川宮熾仁親王”の肖像画が、赤色の単色印刷でデザインされています。

日清戦争勝利記念切手「北白川宮2銭」の買取価格と概要

日清戦争勝利記念切手「北白川宮2銭」
発行枚数
1000万枚
切手買取相場
2000円~3000円
初日カバー買取相場
~8万円

こちらは、日清戦争勝利記念切手の「北白川宮2銭」切手です。切手のデザインは赤色の単色印刷で、北白川宮能久親王の肖像画が意匠に採用されています。

切手買取業者での買取価格は、上記の「有栖川宮2銭」切手と同一で、大体2000円~3000円の買取価格が期待できます。

日清戦争勝利記念切手「有栖川宮5銭」の買取価格と概要

日清戦争勝利記念切手「有栖川宮5銭」
発行枚数
210万枚
切手買取相場
4000円~7000円
初日カバー買取相場
~8万円

日清戦争勝利記念切手の「有栖川宮5銭」は、デザインは2銭切手と同じですが、赤色ではなく青色で印刷されているのが特徴です。

日清戦争勝利記念切手の2銭切手に比べ、5銭切手は発行枚数が少ないため、切手買取における買取価格も2銭切手より高くなります。

日清戦争勝利記念切手「北白川宮5銭」の買取価格と概要

日清戦争勝利記念切手「北白川宮5銭」
発行枚数
210万枚
切手買取相場
4000円~7000円
初日カバー買取相場
~8万円

こちらの日清戦争勝利記念切手「北白川宮5銭」は、北白川宮の肖像画が青色で印刷されているのが特徴です。

意匠は2銭切手と同じものを採用していますが、こちらも赤色ではなく青色で印刷されているのが特徴です。買取価格は一枚あたり4000円~6000円前後が期待できます。

日清戦争勝利記念切手について

日清戦争勝利記念切手について

「日清戦争勝利記念切手」とは、明治銀婚記念切手に続き、日本で2番目に発行された記念切手で、1896年8月1日に発行されました。

また、「日清戦争勝利記念切手」は、日本で発行された切手の中で初めて図柄に肖像が採用された切手としても知られています。

肖像画を印刷するのはとても難しく、少しバランスが違うだけで全く別の表情になってしまうため、印刷にはかなり気を使われた切手だと推測します。

日清戦争という、日本の歴史において大きな記念として発行された切手で、かつ肖像画を忠実に再現する必要があったため、印刷も従来の日本切手とは異なる「彫刻凹版印刷」という特別な印刷方式が採用され、紙もこれまでとは違う洋紙が採用されています。

日清戦争勝利記念切手の意匠に描かれている人物は、「有栖川宮熾仁親王」と「北白川宮能久親王」で、切手も赤色と青色の、それぞれ2パターンが存在しています。

切手額面は、2銭切手と5銭切手がそれぞれ2種類ずつ発行されており、発行期間は8か月と、記念切手では異例ともされる長期間の販売となりました。

日清戦争勝利記念切手に意匠として採用されている”有栖川宮熾仁親王”とは、日清戦争において目ざましい活躍を見せた人物であり、戦争に勝利した記念だけでなく、皇族の功績を讃える意味も含めて発行された記念切手となっています。

切手の発行枚数は、2銭切手がそれぞれ1000万枚の発行であるのに比べ、5銭切手は僅か210万枚の発行に留まり、伴って希少価値も高くなっています。

切手買取業者での買取価格は、2銭切手でだいたい2000円~3000円前後の買取価格が、5銭切手だと大体4000円~7000円の買取価格も期待できます。

また、切手の発行日当日の消印が押されたものを「FDC(初日カバー)」といいますが、FDCは高い収集価値があることでも知られています。

日清戦争勝利記念切手のFDC(初日カバー)の場合は、状態や宛先にもよりますが、最大で8万円前後の買取価格も期待できます。

古い切手は経年のため綺麗に保存しておくことが難しく、美品であれば高い価格がつきますが、ダメージによって減額されてしまう場合もあります。

もし価値ある切手をすぐに売らずに手元に置いておきたい場合は、フィルムやピンセットの使用など保存状態に気を配っておくと、将来的に減額されにくくなります。

【おすすめ】切手買取業者の評判はこちら

  • 買取福ちゃん

    【買取福ちゃん】切手買取データ早見表
    • 切手の買取価格
    • スタッフの対応
    • 対応のスピード
    • 業者としての信頼性
    • 口コミ・評判
  • バイセル

    【バイセル】切手買取データ早見表
    • 切手の買取価格
    • スタッフの対応
    • 対応のスピード
    • 業者としての信頼性
    • 口コミ・評判
ページ上部へスクロール