切手買取業者徹底比較ランキング

【帝国議会議事堂完成記念】切手の買取価格や価値を詳しくご紹介します

【記念切手買取】帝国議会議事堂完成記念切手の買取価格と価値と概要
【記念切手買取】帝国議会議事堂完成記念切手の買取価格と価値と概要

帝国議会議事堂完成記念切手の買取価格と詳細

このページでは、全ての額面の「帝国議会議事堂完成記念切手」について買取相場や詳細を画像付きでまとめて一覧で紹介しています。

また、帝国議会議事堂完成記念切手買取におけるおすすめの切手買取業者も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

帝国議会議事堂完成記念切手(10銭)の買取価格と概要

帝国議会議事堂完成記念切手(10銭)
発行枚数
39万1000枚
切手買取相場
700円~900円
初日カバー買取相場
~3000円

帝国議会議事堂完成記念切手の10銭切手は、図柄に国会議事堂が青色で印刷されている記念切手です。

帝国議会議事堂完成記念切手の10銭は、切手としての価値は高く、切手買取での買取価格相場は1枚で大体700円前後の買取価格が期待できます。

帝国議会議事堂完成記念切手(6銭)の買取価格と概要

帝国議会議事堂完成記念切手(6銭)
発行枚数
58万1000枚
切手買取相場
400円~600円
初日カバー買取相場
~3000円

帝国議会議事堂完成記念切手6銭は、皇室用階段が赤色でデザインされている切手です。左下には額面が「6」、右下には右書きで「六銭」と額面があります。

6銭切手の買取価値は、1枚あたり大体400円前後の買取価格が期待できます。

帝国議会議事堂完成記念切手(3銭)の買取価格と概要

帝国議会議事堂完成記念切手(3銭)
発行枚数
432万枚
切手買取相場
100円~200円
初日カバー買取相場
~3000円

帝国議会議事堂完成記念切手の3銭切手は、図柄は6銭切手と同じく皇室用階段がデザインされていますが、あずき色で印刷されています。

帝国議会議事堂完成記念の3銭切手の価値は、切手買取だと1枚あたり大体100円前後の買取価格が期待できます。

帝国議会議事堂完成記念切手(1.5銭)の買取価格と概要

帝国議会議事堂完成記念切手(1.5銭)
発行枚数
529万枚
切手買取相場
80円~150円
初日カバー買取相場
~3000円

帝国議会議事堂完成記念切手の1.5銭(1銭5厘)切手は、図柄は10銭切手と同一で、緑色で刷られています

額面は左下に「1 1/2」、右下には「壹餞五厘」と記載されています。帝国議会議事堂完成記念1.5銭の価値は、1枚で80円前後の買取価格が期待できます。

帝国議会議事堂完成記念切手について

帝国議会議事堂完成記念切手について

帝国議会議事堂完成記念切手とは、1936年の国会議事堂の完成を記念して発行された記念切手です。

切手のテーマになった”国会議事堂”は、1920年に起工が始まりましたが、それから17年もの期間と254万人の人手を費やし、長い年月をかけて完成した建物です。

実は、1920年以前も国会議事堂の建設が計画されていたのですが、経費の都合や火事などで、幾度も中止されていたという背景があります。

そのうえ、建設中にあたる1925年も火災により一度焼失、ようやく完成が近づいた1936年にも二・二六事件が発生するなど様々な苦難を経て、着工から17年後に完成しました。

国会議事堂の完成を記念して、こちらの帝国議会議事堂完成記念切手だけでなく紙幣やはがき、硬貨なども発売されたそうです。

帝国議会議事堂完成記念切手の発行は、1936年(昭和11年)11月7日、切手の額面は1.5銭(1銭5厘)、3銭、6銭、そして10銭の4種類が発行されました。

切手の図柄は1.5銭と10銭、3銭と6銭が同一で、図案は「国会議事堂の全景」と「皇室用階段」の2種類が採用されています。

気になる帝国議会議事堂完成記念切手の価値ですが、1.5銭と3銭の価値は300円ほどですが、6銭は1000円、10銭においては2000円ほどの価値が見込めます。

古い切手のためコンディションの良い残存数が少なく、美品状態であれば価値は更に高まる可能性もあります。ただ、ここで留意していただきたいのが、切手の”価値”とは、買取・販売を考えない場合の値であって、帝国議会議事堂完成記念切手の買取価格とは異なるという点です。

切手買取での帝国議会議事堂完成記念切手の買取価格は、1.5銭切手・3銭切手だと大体100円前後の買取価格、6銭切手の買取価格は400円前後の買取価格、10銭切手だと700円前後の買取価格も期待できます。

また、切手の発行初日の消印が押された郵便物を「FDC(初日カバー)」といいますが、郵趣品として収集価値があるケースもあって、切手買取業者でも買取を受け付けている場合があります。

帝国議会議事堂完成記念切手の発行日は、1936年(昭和11年)11月7日です。

FDC(初日カバー)の価値は、宛名や消印内容、一緒に貼られた切手によっても大きく変わるため一概にはいえませんが、帝国議会議事堂完成記念切手のFDC(初日カバー)だと、最大で3000円前後の買取価値にまで伸びる可能性もあります。

国会議事堂を題材とした切手は、今回ご紹介した帝国議会議事堂完成記念切手の他にも、1960年に発行された「第49回列国議会同盟会議記念切手」や、1980年の「議会開設90年記念切手」などがあります。

それぞれで価値や買取価格も全く異なりますので、切手買取で問い合わせる際には、問い合わせフォームに切手の写真を添付しておくとスムーズです。

【おすすめ】切手買取業者の評判はこちら

  • 買取福ちゃん

    【買取福ちゃん】切手買取データ早見表
    • 切手の買取価格
    • スタッフの対応
    • 対応のスピード
    • 業者としての信頼性
    • 口コミ・評判
  • バイセル

    【バイセル】切手買取データ早見表
    • 切手の買取価格
    • スタッフの対応
    • 対応のスピード
    • 業者としての信頼性
    • 口コミ・評判
ページ上部へスクロール