切手買取業者徹底比較ランキング

【第一回国勢調査記念】切手の買取価格や価値を詳しくご紹介します

【記念切手買取】第一回国勢調査記念切手の買取価格と価値と概要
【記念切手買取】第一回国勢調査記念切手の買取価格と価値と概要

第一回国勢調査記念切手の買取価格と詳細

このページでは、全ての額面の「第一回国勢調査記念切手」について買取相場や詳細を画像付きでまとめて一覧で紹介しています。

また、第一回国勢調査記念切手買取におけるおすすめの切手買取業者も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

第一回国勢調査記念切手(3銭)の買取価格と概要

第一回国勢調査記念切手(3銭)
発行枚数
568万枚
切手買取相場
500円~900円
初日カバー買取相場
~1万円

第一回国勢調査記念切手の3銭切手は、国司の絵が赤色で印刷されているのが特徴です。

第一回国勢調査記念切手の3銭切手の買取価格相場は、一枚あたり大体500円前後の買取価格が期待できます。切手の状態が良い場合は、最大で900円前後までの買取価格も期待できます。

第一回国勢調査記念切手(1.5銭)の買取価格と概要

第一回国勢調査記念切手(1.5銭)
発行枚数
545万枚
切手買取相場
400円~800円
初日カバー買取相場
~1万円

第一回国勢調査記念切手の1.5銭(1銭5厘)切手は、国司の絵は同じですが、紫色で印刷されているのが特徴です。

切手買取においての第一回国勢調査記念切手1.5銭の買取価格相場は、1枚あたり400円~800円前後までの買取価格が期待できます。

第一回国勢調査記念切手について

第一回国勢調査記念切手について

日本で初めてとなる国勢調査を記念して発行された切手が「第一回国勢調査記念切手」です。

第一回国勢調査記念切手の発行日は、1920年(大正9年)9月25日で、切手額面には1.5銭と3銭の2種類が存在しています。

図柄は1.5銭・3銭の二種類とも同じで、「大化元年の国勢調査にあたった国司」が描かれていますが、1.5銭は紫色、3銭切手は赤色と、それぞれで刷色が異なるものとなります。

第一回国勢調査の予定は、既に10年ほど前に計画されていたのですが、日露戦争や第一次世界大戦などの戦争によって実施が遅れ、1920年に初めて実施される運びとなりました。

その宣伝や周知も兼ねて、記念切手である「第一回国勢調査切手」が発行されたのです。

第一回国勢調査記念切手の価値は、バラ切手単位で1.5銭なら1600円、3銭なら2000円程度となっており、3銭の方が価値がやや高い切手となります。

ただ、ここで留意していただきたいのが、切手の”価値”とは、買取・販売を考えない場合の値であって、実際の第一回国勢調査記念切手の買取価格とは異なるという点です。

第一回国勢調査記念切手の買取価格相場は、1枚あたり大体400円~500円前後が期待できます。

また、切手の発行日初日の消印が押された郵便物を「FDC(初日カバー)」といいますが、切手買取でも買取対象になっている場合があります。

FDC(初日カバー)の買取価格は、郵便物の消印内容や宛先、状態にもよるので一概にはいえませんが、第一回国勢調査記念切手のFDCの場合は、最大で1万円前後の買取価格になる可能性もあります。

国勢調査を記念して発行された切手は、今回ご紹介の第一回国勢調査記念切手以降も発行されており、1930年には「第二回国勢調査記念切手」も発行されました。

しかし第三回から第九回の国勢調査記念切手はなく、第十回になると再び発行されるようになります。切手の価値もそれぞれの回で全く異なるものとなりますので、国勢調査記念切手の価値を調べる際には注意が必要です。

もし国勢調査記念切手を各回ごとにまとめて所持しているのであれば、コレクションとしての価値が生まれ、買取価格も単片時より高くなる可能性がありますので、切手買取の際にはなるべくまとまった状態で買取してもらう方が良いでしょう。

【おすすめ】切手買取業者の評判はこちら

  • 買取福ちゃん

    【買取福ちゃん】切手買取データ早見表
    • 切手の買取価格
    • スタッフの対応
    • 対応のスピード
    • 業者としての信頼性
    • 口コミ・評判
  • バイセル

    【バイセル】切手買取データ早見表
    • 切手の買取価格
    • スタッフの対応
    • 対応のスピード
    • 業者としての信頼性
    • 口コミ・評判
ページ上部へスクロール